読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帳場にて・・・「市況」を問われる

帳場・・・葬儀にて、記帳や香典の受付の場。私の地区の町内会では、集会所で葬儀することが多く、帳場の係になることがあります。農作業の前に、香典を付ける方も多いので、帳場は朝7:30には受付開始するのがパターンです。参列者が途切れている時間には、先輩方が私に「昔の新聞配達事情」や「新聞の話」や「新聞へのご意見」を話されることが多く、今回は「市況」について、問われました。中国新聞23日付け呉版の下に、「市況」として、青果・鮮魚の高値と安値が掲載されています。全国紙ではスペースの関係で載ってない場合が多いのですが、意外に多くの方が、この小さい文字をを日々ご覧になっているようです。「柑橘類の品目を増やせないのか?」との問いに、本社担当員を通じて中国新聞社呉支局に聞いてもらったところ「発表がその品目に限られているので、現状のまま」とのこと。仏縁を通じて、また一つ勉強させてもtらいました。

f:id:tobishima-life:20170424105833j:plain

 

5月13日(土)とびしま海道ウォーキング大会の参加証

昨日、三次市の本家に墓参りに行って、戻ってポストを見ると「参加証」が届いていました。

5月13日までに30km歩けるようにならなきゃ・・・オイオイ!

1か月に約1000kmを原付で走っていますが、歩くのはちょこちょこばかり

うーん、申し込んでおいて、今更たじろいでいる自分なのでした。

f:id:tobishima-life:20170424100920j:plain

 

およげ!カープ!鯉のぼり!帰っておいで!

◆開幕ダッシュに成功したカープ、だけど、やっぱり大瀬良では勝てない。大瀬良は投球の「間」が良くないような気がします。自分の中で、いっぱいいっぱいで・・・周りの選手を信頼して「打たしてとる」って感じじゃない。抑えがいないから、先発完投にできるだけシフトしているのは、好感が持てます。まあ、勝ち続けることは、どんなに強くても無理!だから、勝っておごらず、負けて落ち込まず。ひどい負けの時には、テレビのチャンネルを変えることですね。

◆考えても考えても、定年したら、島に戻ってくるのがベター。はっきり言って、Iターンの若者は、仕事面や収入面で越えなければならない壁がある。その点、島で生まれ育った人は、ハードルが低い。これだけ、物流と通信が発達した今、マチナカに住む理由が、子育て世代なら「教育問題」があるだろうけど、定年したら「医療問題」ぐらいしか思い当たらない。けど、下蒲刈病院も色々あったけど、よく頑張っている。こんなに住みやすいのに・・・島に、帰っておいで!

f:id:tobishima-life:20170421124840j:plain

下蒲刈島大津どまり公園、奥に見えるのは「安芸灘大橋」。5月13日の「とびしまウォーキング大会」はここからスタート!

 

ゴルフの花道に松原プロが!

f:id:tobishima-life:20170417125300j:plain

RCC「ゴルフの花道」(日曜日朝6:15~)に呉カントリーの松原裕人プロが出演。見逃した方は、あと3回放送がありますから、録画して見てくださいね。

奄美新聞によりますと「奄美出身の松原プロ(28)は父親(56)の仕事の都合で奄美各地で育ち、沖永良部島に住んでいた中学時代に父親の影響で、初めてゴルフを体験。高千穂カントリークラブでは、ショートコースを回るなどしてゴルフに親しんだ。沖永良部高校で、プロゴルファーになる決断、反対する両親を説得し福岡県の九州ゴルフ専門学校に進学。卒業後、広島県の呉カントリークラブで働き、キャディー業務など仕事をこなしながら、仕事後の午後4時~夜9時まで、毎日練習に励んだ。プロテスト挑戦8年目の昨年、最終テストでは上位50位中、11位タイの好成績でテストに合格」とのこと。

◆わが心のホームコース「呉カントリー」で、松原選手を数年前からよくお見掛けしてました。兄貴夫婦とラウンドするときなど、あまりのスロープレーで後ろの組に迷惑がかかるので、松原選手が原付でやって来て、無料でキャディー?(強制進行)をしてもらったことも、数回あります。義姉のなくなった今となっては、なつかしい思い出です。

◆松原プロの益々のご活躍を期待しております。

CARP LIFE IN TOBISHIMA

中国新聞「球炎」に泣けた!初回4点先取して、ほとんどの人が「大瀬良に勝たせてやりたいけど、打たれるだろう」と予想したはず。ここ数年、大瀬良に関しては悪い予想がことごとく当たる。10連勝に触れず、ファンの心を代弁してくれた山本修さん、ありがとう。俺たちも、大瀬良の笑顔が見たいんだ!

◆NHKラジオ「昼の憩い」14日放送分で「広島に名古屋から単身赴任中なので、郷に入れば郷に従えと、カープファンになってみましたが、ナゴヤドームの中日戦を見ていて、浮気をしているような気分に落ち着きませんでした」との投稿がありました。カープファンにならなくてもいいんだよ!俺たちが、名古屋に行っても、中日ファンには絶対にならんけん!

◆10連勝は苦しい!生きのいい若手を使って、思いっきりやって、負けたっていいんだ!チャレンジができる時にチャレンジしておくことが、より強いカープを作るのだから。

f:id:tobishima-life:20170414132058j:plain

BEST SEASON IN TOBISHIMA

ミカンの花の薫りが、しまなみ海道を包む、ベストシーズン!歩いてみませんか!

申し込みしめきりは4月21日まで、一緒に歩きませんか?

f:id:tobishima-life:20170412102938j:plain

 

 

今日の「天風録」から

2017・4・5中国新聞「天風録」、最近冷え込んでいる日韓関係の改善に、下蒲刈朝鮮通信使が貢献できるのではないか?その先には、ユネスコの世界記憶遺産登録も?私たちにできること・・・おもてなしの心、目の前のごみは拾う、路上駐車しない・・・

◆島民の暮らしぶりも、ユネスコ世界記憶遺産の評価対象になるんじゃないかなぁ?「こんにちは!」って挨拶しても。「・・・」って人、島には多い。それは「人見知り」なので仕方ないけど、世界では通用しない。私は商売人だから、相手の反応まで見て落ち込んだりしないけど、一般住民は私的時間と空間だから、お愛想は気分次第。OPEN MIND 人間関係も国交もこの一語に尽きる!では・・・

f:id:tobishima-life:20170405115718j:plain