秀話寛語20181207

f:id:tobishima-life:20181207114316p:plain

秀さんが「韓非子の言葉に『苦しみは、愛の中にある』というくだりがある」と教えてくれました。親子関係や親族関係の苦しみも、愛するが故のことなのだ!と。それから逃げようと、ネグレクト児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待、育児放棄、また、ペットの飼育放棄)やセルフネグレクト(自己放棄、ゴミ屋敷や多重債務など無計画な行動)も、本当は苦しいかもしれない。愛するが故の苦しみ。深イイ話でした。

雨の日に、世相を思う

f:id:tobishima-life:20181203173559p:plain

カープ丸選手の巨人移籍・日産ゴーン会長問題・外国人労働者法案・メルカリ・仮想通貨・梅毒の流行・・・「やっぱりお金よねぇ」「あんなにもらってるのに・・・」「日本人も失業者が多いのに、何故に外国からの労働者が必要?」「不用品がお金に?」「何者かに盗まれましたスミマセン~残念!?」「男性は40代、女性は20の梅毒患者が急増!あなたは大丈夫?」・・・お金と労働とモノと時間と満足・・・このバランスが難しい。そして、ネット時代の高学歴⇒大企業or高級官僚⇒高収入⇒幸福?の方程式の答えは?わからない・・・

北海道出身の角幡さん

f:id:tobishima-life:20181130170104j:plain

「くれ市政だより12月号」で紹介されている、下蒲刈の「まちおこし協力隊員」の角幡彩さん(左)、先日、ノンフィクション部門で本屋大賞をとった角幡唯介さん(右)、うーん、気になります。二人とも北海道出身で・・・、カクハタさんって、北海道にやたら多いのでしょうか?親戚だったりして・・・?うーん、気になる

【後日談 FBでの反応】

菅原繁隆 従兄さんです。ちなみに、今日11時からEテレでドキュメンタリーがありますね。楽しみです。 
 
Aya Kakuhata しげちゃんの言う通りいとこです!
カクハタさんは全国に100人弱しかいないそうなので、全員親戚らしいです笑

借り本 備忘録

f:id:tobishima-life:20181128102826j:plain

2週間前は、大腸がん手術後の6か月点検?で、国立で内視鏡検査のため、女房に返却だけを頼んだので、4週間ぶりの移動図書館でした。午後から用事があるので、下蒲刈小学校へ10:15、リクエストしてないから、書棚から・・・ぱぱぱっと借りました。私の両親は二人とも他界しているので、老いた親は、義父母ですが、イラーっとすることはありません。農作業を手伝っても、毎年同じボケをする私に、毎年同じ手ほどきをしてくれる義父母に感謝しかないです。まあ、ほとんど、女房のために、借りたようなものです・・・。

報恩講 スタンプラリー

f:id:tobishima-life:20181126101144j:plain

11月25日日曜日、安浦女子畑の正立寺の報恩講に、お聴聞に行きました。ご講師は、豊島の登照寺の服部法紹さん。若いお坊さんですが、さすがに上手い!話でぐいぐい聞く者を引っ張って行ってくれます。寝ている人は一人もいませんでした。中国電力のメーター検針で、今年の3月まで毎月、豊島の登照寺の電気メータをを検針してました。お寺の掃除の具合や周辺の状況、自動車の具合などを見ていましたので、言行一致したお話に感動しました。もっと、この企画が広がって、心安らかになれる人が増えるといいなぁ・・・って思いました。

57歳の誓い・・・?

f:id:tobishima-life:20181123174807j:plain

2018年11月22日に57回目の誕生日を迎えました。息子が先日で29歳。息子が18歳の高校3年生で公務員試験に合格したのを機に、GOLFを始めて、11年。100切りは半年で達成しましたが、その後のスコアは90切りもあれば100越えもある乱高下の繰り返し。ベストスコアは呉カントリーでの39+43=82。この57歳の誕生日を機に、心機一転!競技ゴルフにいざ参戦!と、仁方の練習場に通い、11月22日の中国新聞杯中地区フォレストヒルズ会場の大会に出場。いきなりOBでのスタート、OUTでOB4つ打ちOUT56、IN48の104で61人中グロス58番目!打ちのめされました!それでも、来月も、郷原CC会場の中国新聞杯に参戦します!

息子29歳の誕生日

f:id:tobishima-life:20181119114325j:plain

 

平成元年11月19日、広島市中区産婦人科で、我が家の一人息子のKAZUは生まれてきてくれました。予定日は11月22日、私の誕生日と同じでしたが、気を遣ったのでしょうか?少し早く生まれ出てくれました。29年前の11月19日は日曜日で県知事選の投開票日、竹下県知事が当選された日です。私は、前日の夜中、産気づいた女房を産婦人科に送り、早朝勤務を終えて、翌日のオリコミをオリコミ機でセットして、再び産婦人科へ。分娩室で、女房の手を握り、一緒に「ヒーフー」と呼吸をしながら立ち会いました。苦悶の表情を浮かべる女房、いきみすぎて顔の毛細血管が切れたのか?赤い顔だったのを憶えています。「オギャーオギャー」「生まれた生まれた!」うれしくって・うれしくって、看護師さんから見せられた息子は、思っていたより大きくて3650グラムもありました。足の裏に、マジックで名字を書くと、くすぐったいのか?足の指をギュッと曲げました。玉のような赤ん坊・・・まさに、そう思いました。あれから29年・・・