ああ~三次中学校! 桜満開! 亀岡くんより

f:id:tobishima-life:20200406193516j:plain

ぼーっとして、YAHOOメールチェックせずに過ごしていた。久々にチェックしたら、亀岡くんが、こんな素敵な写真を送ってくれていた。ありがとう。体育館は、44年前のまま。校舎は鉄筋になったけど。

土日の備忘録

f:id:tobishima-life:20200406113802j:plain

4月4日土曜日は、柑橘畑に「チッソ・リン酸・カリ」バランスの取れた配合肥料を春肥としてまき、魚エキスの液体肥料を動力噴霧器で葉面散布。元気に大きく育ちますように。4月5日日曜日は、10時、上蒲刈島、県民の浜「恵の丘」で、呉市広報に載っていた「農業体験セミナー」の剪定講習会に参加。終了時「私の畑の剪定、見ませんか?」とお声がけいただいた紳士についていくと、ハルミの上半分だけをきれいに小枝や葉を取り除いた衝撃的剪定!これで一年おきに不作を繰り返す隔年結果を防止できるとか。消失してまる1年になる西泊観音さんをお参りして、前から生きたかった上蒲刈島のおしゃれなピザやさん「カプレーゼ」で昼食。午後3時から、畑に行き、イノシシが押し倒しそうな柵を補修。注文いただいていた甘夏をビニール袋から一個ずつ出して、9ケース出荷。仕上げは、焼酎の炭酸割キンカンジャム入りで、ぐっすり。

時代遅れ・・・

f:id:tobishima-life:20200406110010j:plain

♪一日二杯の酒を飲みぃ~肴は特にぃこだわらずぅ~。河島英五。25年間私の上司だった人が好きだった歌。三次高校の10年先輩、私の生殺与奪権を持っていた絶対権力者。数年前に心筋梗塞で急逝。20年前、みんなが携帯電話を持っても、自分は持たなかった。なぜなら、どこへ居ても連絡がとれるから。そうしてたら、給与の項目に「携帯電話手当」を新設して、社員全員に携帯電話必携に。携帯電話は上司にとっては、リモコン。責任が大きくなって、次々起こるトラブルや難題に、24時間365日緊張を強いられた。今のようなスマホでLINEなど「即時頻回コミュニケーション」って、幸せではないと思う。神経がすり減っちゃう。♪逢えない時間がぁ~愛育てるのさぁ~郷ひろみ。いくら美人でもいくら好きでも、ずっと一緒はきっと疲れる。

日常という宝もの。

f:id:tobishima-life:20200403181827j:plain

今朝の中国新聞『天風録』の中に出てくる、「日常という宝もの。」のキャッチコピーはマルカ木工さんのセレクトに掲載された紙面広告。3年前、家を新築して、テーブルを新調するとき、いくつかの家具屋さんを回って、たどりついたのがマルカ木工さん。倉庫みたいな家具屋さんだけど、一点物のテーブルが、出会いを待っています。色・木目・幅の違い・割れ目の継木・・・惚れてしまったテーブルとイスを、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買った。毎日毎日、なでなでしながら「ムフフフフ」と思ってしまう。まさに「日常という宝もの」だと思う。

菜の花 桜 旧校舎

f:id:tobishima-life:20200402111502j:plain

昨日は大雨でした、けど、下蒲刈島の桜はまだ5分咲き、耐えてます。うちの前から見える下蒲刈の旧下島小学校校舎。ひっそりと佇(たた)ずんでいます。山を見上げると、山桜・山つつじ・・・「山笑う」って感じ。ここで一句「わが心 知るか知らずか 山桜」【解説】春なのに、プロ野球もマスターズ・ゴルフも無くて、沈んでいる私の心を、知る由もない山桜だけど、私の心を慰めてくれる。解説読まなきゃわからんじゃんねぇ!

春なのに ああ春なのに 春なのに

f:id:tobishima-life:20200331115147j:plain

今日は年度末、下蒲刈島にある下蒲刈中学校と下蒲刈小学校が、今日で閉校となります。生徒&児童は、隣の上蒲刈島にある蒲刈中学校と蒲刈小学校または安芸灘大橋を渡って仁方?川尻?の学校へ行くそうです。寂しい。統廃合による合理化?私、島に来る11年前、福山営業所所長任務の後、本社の指示により新聞販売所を統廃合する『販売所の整理屋」をやっていました。血も涙もなくバッサリと、優しく近づきブスリとさす!みたいな。今になっても思います、「なんの意味があったのか?」と。持続可能性のためには合理化しなくてはならないのだ!っていう欺瞞。間違ってるよ!人を大切にしなくて、持続したって、なんの意味もないんだよ!田舎こそ、どんくさくて不器用でも、コツコツ頑張る人を受け入れなければ、居場所がなくなるじゃない!ねぇ!そう~だろう?みんな~?

お昼休み・・・録画再生

f:id:tobishima-life:20200330125056j:plain

志村けんさんが新型コロナウィルスで逝かれました。悲しいです。うーん、沈むなぁ、心には重さがあるんだよね。あげないと勝手に沈んでしまう。うーん、島津亜矢「帰らんちゃよか」泣けるわ!マキタスポーツがイマイチだけど。中途半端に沈むより、底まで沈むと、海底に足がついて、また浮かび上がれるかも???「かえって来いよ!」