読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の器

マツダ・スタジアムがなかったら・・・黒田・新井が広島に帰ってきただろうか?

旧市民球場のままだったら・・・これだけ多くのファンがいただろうか?

この優勝は『夢の器』という土地に、施肥し、種をまき、水を与え、苗を育てた後の果実ではないか。

マツダ・スタジアムの建設にあたっても、広島の政財界のタッグと、県民の『たる募金』があった。

ひるがえって、同じ広島のプロチーム、サンフレッチェの場合、『夢の器』とは程遠い環境にある。

先日NHKで放送された『プロフェッショナル仕事の流儀』で森保監督にスポットライトがあてられた。

森保監督は力量からして、おそらく近い将来、日本代表かビッグチーム監督として広島を去るだろう。

4年で3度優勝した森保監督が熱望したサンフレッチェの『夢の器』づくりは難航している。

その迷走を見るにつけ、『夢の器』という大きなことを成すには、しっかりとした政財界への根回しと、

県民を巻き込んで『たる募金』がなされるような民意の高揚が必要なのではないか?

サンフレッチェの望む『夢の器』が実現することを切に願っている。