読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

方丈記

 行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。

ああ、ゴールデンウィークの始まりのころには、安芸灘大橋を下り行く

自動車、自転車、人・人・人・・・で、わくわくしたものでした。

今日は、あの坂道を家路に急ぐ人・人・人・・・寂しい。

今夜は新月、真っ暗な夜ですが、その分、星はきれいかも?

一人でも『とびしま』を好きになってくれればうれしいです。

確実に満月に向かっていくことを信じて、夜空を見上げましょう。

ユーミンの曲ではないですが「♪十四番目の月が一番好き」って

いうのもうなづけます。

右肩上がりのまんまってのは幻想ですから、増減や上下動を繰り返しながら

足るを知り、自分の心に折り合いをつける、ちょうどいい案配(あんばい)が

肝要なのでしょう。