読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ無常

「死は山の向こうから、ゆっくりと降りてくるイメージだと

思いますが、死は後ろからそっと近づいてポンと肩をたたくのです」

昨日、通夜でお寺さんが話された言葉です。

57歳のIさんが亡くなりました。

Iさんは東広島市に住む、大学で教鞭をとっている方です。

2週間前に突然倒れ、意識の戻らぬまま旅立たれました。

1990年から2000年まで赴任していたニュータウン

ご近所さんでした。息子同士が同級生ということもあり

自治会・まちづくり協議会・PTAなど地域活動を通じて

いつも先見性のある意見を言う方でした。

喪主あいさつでは、うちの息子と同い年の長男さんが

「父は家族の誇りでした」と力強く話されました。

思い出の中にIさんは生き続けるのだと思いました。 合掌